ホームページの作り方

ライティング・記事外注・代行業者について。

ホームページを自分で作る上で、コンテンツは

以前の記事でお話しした通り、非常に大事です。

ですがどうしてもホームページ作成に時間を取れず、

外部のライターにライティングを依頼する場面もあるでしょう。

 

その様な時にはやはり相場が気になるものです。

 

ライティング・記事外注の一般的な相場

外部の記事ライティング業者に外注すると、当然ながらお金がかかります。

相場は、1文字1円と言われています。

500文字で500円ですね。

 

この金額よりも高いところもあれば、お安いところもあります。

相対的に支払う金額によって、出来上がってくる記事の質にもバラツキがあります。

 

ランサーズや、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを利用すると、

比較的に安く外注することができるのですが、

出来上がってきた記事を見ると非常にばらつきがあります。

 

参考サイト

【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!

オンラインお仕事マッチングサイト「クラウドワークス」

 

この様なサービスで登録されている外注さんは、

プロのライターもいれば、主婦の方もいらっしゃいます。

能力も、また責任感の度合いもバラバラなのです。

 

最悪!コピー記事の納品。

 

中にはコピー記事(他のサイトの記事をそのまま盗んだ記事)を、納品してくる者も多いです。

 

私も時々、上記記載の様なクラウドサービスに依頼をしますが、

全体の2~3割ぐらいの輩は、コピー記事を出してきます。

 

ですから私や、この業界に携わる人間は、コピー記事を見破るツールを使っています。

 

あなたにどうしても時間がなく、外部のライターに依頼せざるを得ない時には、

このような現状である認識を持って、対策を考えてください。

 

ちなみに言うまでもないですが、このような記事を含む各コンテンツや、画像などは、

立派な著作物であり、それらを勝手に使用することは著作権保護法に著しく抵触します。

 

裁判沙汰になってもおかしくはありません。

 

また、検索エンジンも賢いですからすぐに見破り、

コピーコンテンツを使用したホームページなどは、圏外に飛ばされてしまうでしょう。

 

以上のことを踏まえながら、コピーコンテンツを見破るツールと、外注先を紹介しておきます。

 

コピーコンテンツを見破るツール

コピペリン

わたしも使用しているのがこのコピペリンというツールです。

co

 

記事作成を専門に扱っている会社が、

自社で扱う外注の人間やアルバイトなどが納品する

コピーコンテンツチェックの時間浪費対策として自社開発されたツールというのが

ひとつのセールスポイントです。

 

自分で使うのだから使いやすくて、精度の高いものをという事ですね。

こちらは月額課金制で、年間6,480円です。

 

記事・文章コピペチェックツール「コピペリン」

 

コピペチェックExpressⅡ

多くの人たちがお薦めしているツールがこちら。

 

co3

 

 

お値段は、9,800円税込です。

さてこれを高いとみるか安いとみるか…

 

特徴は、 コピーコンテンツかどうかの判断をわざと○×形式で表示するので、

初心者にもわかりやすいところです。

 

コピペチェックExpressⅡ~プロ仕様の爆速ツール

 

CIA Shadow

そして最近発売されて、しかも販売好調なのが…

 

co4

 

これの特徴は、とにかく処理が早いこと。

2000文字クラスで約15秒というので驚きですね。

 

 

それでいてコピー判定結果をコピー元記事と一緒にパーセンテージで表示してくれます。

まあコピー判定が%で表示される点は賛否両論です。

 

 

上級者が使うのならば詳しく分析できた方がよいでしょうし、

今からホームページを作ろうとする初心者さんであれば、

先ほどのコピペチェックExpressⅡのような○×の方が分かりやすいでしょうね。

 

そして多機能!

なにぶん最後発のツールですから、機能がすごくつまっています。

それでいて爆速なのは… どれにしようか非常に迷います。

 

「CIA Shadow」記事コピペチェックツール

 

まとめ

わたしは、コピペリンを使っています。

理由は非常にお手軽だからです。

 

月額制なので最初にまとまったお金が必要ではありませんし、

結構機能もシンプルで使いやすいです。

 

年間で6480円ですからコストパフォーマンスも短期的には良いです。

 

ですが今はこれから先長期的に使用するツールですので、

買い切り方のツールを購入しようと考えています。

 

その方が精神的にも健康ですしね。(笑)