ホームページの作り方

無料ブログや無料のサーバーはダメなのですか?

ホームページの作り方!ワードプレスの逆襲

率直な疑問として、 世の中には無料ブログや、無料のサーバーがあるじゃないの。

それでいいでしょ?

 

という方へ読んで頂きたい記事です。

 

 

(音が出ます音量に注意してください)

 

無料ブログが、コーポレートサイトに向かないと言われる理由。

当ホームページでは、 ワードプレスというシステムを使用しているわけですが、

インターネット上に誰でも閲覧できる状態で、 情報発信できるサービスは?と考えると、

頭に浮かぶもう一つの選択肢として 無料ブログが考えられます。

 

このふたつのシステム(サービス)の大きな違いは、

無料ブログは、その名の通り無料であるのに対し、

ワードプレスは、レンタルサーバーを契約しなければなりませんので、

少なからずとも費用が発生します。

 

また、 ブログは、皆さんがよく見かけるように 日記のような形で、

日付入りの記事を積み重ねていく 時系列的な使い方に長けています。

 

逆を返せば、コーポレートサイトとしては、 時系列部分は《お知らせ》《新製品情報》など、

限られた部分でしかなく、 ほとんどの情報は、固定的なページになるはずです。

 

《会社情報》《社長からご挨拶》《アクセスマップ》《事業内容の説明》 どれも

時間の概念はありません。

 

  ゆえに、 ブログはコーポレートサイトには向かないと言われています。

 

無料だからこそ突然サービスが終了することも!?

それと、 無料ブログや無料サーバーの場合は、

ある日突然サービスが終了するリスクがあります。

しかもそのリスクは小さくはありませんし、

ここ最近無料サービスの突然の閉鎖が頻発しています。

 

  1. みぶろぐ
  2. NetLaputa Blog
  3. スタ☆ブロ
  4. サプライムブログ
  5. DTIブログ
  6. So-net

 

So-netに関しては、メアドだけでブログをつかえていた従来の方針から転換し、

コンテンツ会員というものに入会すればサービスを受けられます。(無料です) が、

私個人的には危ないなと思っています。(リストラが進んでいますからね。)

 

もし自分が構築してきたブログやサイトが閉鎖されると、

今まで築き上げた物が一瞬でパーです。

  また、突如アカウントを削除される事態も発生しています。

(身に覚えがなくても) 商用利用も禁止の場合が多く、

無料ブログや無料サーバー運営側の広告が、 自身のサイトに強制的に表示されます。

全て無料なのですから文句のつけようもありません。

 

こういったことを考えると、少しでもビジネス要素があるサイトは、

自身でレンタルサーバーを契約し、運用のしやすいワードプレスを使うのが ベストだと考えます。

 

そういったリスク回避には…

今の段階でこの話は少し難しいお話かもしれませんが、

SEOや、来訪者の観点から見た場合、

コーポレートサイトにブログをプラスして 運営するととても効果的です。

 

なぜかというと、 前半でお話ししたような固定的なページだけだと、

サイトとしてのボリュームが薄くなりがちで、 ゆえに検索エンジンでお客様を誘導するために

勝負できるキーワードの数が不足し、 検索順位の面でも不利になります。

 

では、このサイトにブログを入れ込んで見るとどうなるでしょうか。

 

 

日を追うごとにページボリュームは増え、 それとともにキーワードも増え、

その結果検索エンジンからは、 良い評価を得ることができます。

 

 

また違う側面からも利点が見えてきます。

あなたがこのサイトに訪れた時に、 ブログのようなものが目に入るとどうでしょうか?

親近感がわきませんか?

 

 

また、 定期的に日付が更新されたスタッフ日記が あれば

このサイトはきちんと活動していることが伝わりますよね。

  旧態依然とした固定ページばかりだと、 この会社は本当に営業してるの? なんて…

これらのことを一生懸命に日々積み重ねて、

ようやく育ってきた名楽しいなと思った矢先に

【サービス終了のお知らせ】 なんてメールが来た日には…

 

そしてまとめです

ワードプレスは、 固定ページと、ブログのような時系列的な記事を共存させることのできる

管理更新がしやすいシステムですから、

出来れば有料でも安心して運営できるようにしたいものですね。

 

次の記事>>> 実際のところワードプレスってなに?