ブラックハットSEOとは?

簡単に言えばモラルに反するSEOのことです。

反対に、まっとうな正攻法のSEOのことをホワイトハットSEOと呼びます。

 

自作自演で、意味もないサイトを大量生産してそこからリンクを自サイトに送り、

さも自分のサイトが世間から支持されているかのように偽装したり、

悪意を持って検索エンジンをだます行為です。

 

検索エンジンも近年ではかなり改良(アップデート)されて、

この様なブラックSEOは、淘汰される傾向にあります。

 

いちどこの様な手法を行いペナルティを受けると、

ペナルティー解除してもらうのはかなり難しいです。

 

ブラックハットSEOの例

  1. リンクファームの構築や利用。(サイト全体や、ページ自体がほぼリンクだけのサイト)
  2. ツールを用いて自動的にホームページを大量に生産し、そのサイト内容も意味不明な物。
  3. ツールを用いて、人間の目から見て不自然な文章を大量に掲載する行為。
  4. リンクを業者から買う行為。(SEO対策業者)
  5. リンクを張った文字の色と背景を同じ色にして、過剰に貼った意味のないリンクを隠す行為。

 

総じて検索ユーザーの迷惑になる行為は全てブラックと思ってよいと思います。

 

あなたのためにも検索ユーザーのためにも、絶対に手は出さないでください。