レスポンシブデザインとは何ですか?

結論から言いますと、

パソコンで見た場合でも、iPadなどのタブレット端末で見た場合でも、

スマホで見た場合でも、それぞれの画面の大きさに適した状態でホームページを表示させる技術のことです。

 

まずはレスポンシブデザインが登場する以前のホームページの出力方法をお知らせしておきましょう。

 

以前はホームページを作る際にまずパソコンでの表示のデザインを最優先し、

スマホで見た場合には別のプログラム構文(HTML)を用意しておいて、

PCのユーザーとスマホなどのユーザーによって振り分けて表示させていました。

あるいはそれすらせずに、パソコンでの表示デザインを無理やりスマホで表示させていました。

(小さなスマホにパソコンの画像を表示させるので非常に見づらい)

 

かわってレスポンシブデザインというのは、

1つのプログラム構文(HTML)で、どの端末(タブレットやスマホなど)でも画像の大きさに適したデザインを表示させることができ、

WEBデザイナーにとっては手間が省け、ユーザーにとっては非常に見やすい配置と操作性になっているので、

今後主流となっていくものと思われます。

 

先日のことですが、Googleの検索エンジン最高責任者のマットカッツ氏が、

モバイルユーザビリティーに問題のあるサイトは上位に表示させることは難しくなるだろうとの発言をされました。

 

レスンシブデザインはもともとGoogleから推奨された手法ですので、

これに対応できないホームページは消えていくのではないかと思っています。