SEO

よっしゃ!ワードプレスの初期設定を説明するよっ!

さあ!

ようやくあなたにとって、ワードプレスという強い味方が自由にできる状態になりました。

早速ワードプレスの初期設定を見ていきましょう。

まずは…

 

ダッシュボードの設定項目を変更していくよっ!

 まずはダッシュボード(ワードプレスでは管理画面のことをこのように呼んでいます。)を、

変更・入力していきましょう。

この部分から設定画面に入ります。

 

wp1

 

wp-2

 

wp3

 

上のキャプチャー画像(取り込んだ写真の意味)から、順番にポチって行きます。

するとこの一般設定画面にたどり着きますので、

順番に入力していきます。

 

キーワードを盛り込んだサイト名を入力する!

 

まず、SEO(検索順位を少しでも上げる工夫)の観点からは必ずを盛り込みます。

 

このキーワードというのは、

例えばあなたが作るホームページが英会話の教室のサイトだったと仮定します、

あなたのサイトに訪れる見込み客の大半は検索エンジン(Yahoo!や、Google)からくるはず。

 

もしあなたが訪問者の方だったら、検索窓になんて打ち込みますか?

 

(英会話教室・英会話教室 料金・オススメ 英会話教室・板橋区 英会話教室などなど)

 

このような訪問者を検索エンジンで呼び込めるようなキーワードを、

考えてタイトルに盛り込みます。

 

ちなみにこのキーワードの考え方は、これから先重要なポイントになりますので、

頭に置いておいてください。

 

さて、

かと言ってですね、

キーワードばかりを意識していても訪問者の目を引くようなタイトルにはならないわけです。

 

検索エンジンで表示された時に、

(格安料金の○○英会話教室)とか表示されても、キーワードの選定としては良いのですが、

ぜんぜん心が惹きこまれませんよね。

 

ここがみなさん悩むポイントなんです。

そうですね。。。

たとえば

(格安料金なのに質の高い教室・英会話の逆襲!)

、、、だめですかね。

 

ま、見る人の印象には残るでしょ。

 

キャッチフレーズを考えて入力する。

キャッチフレーズも同じようにキーワードを意識しながらつけます。

 ちなみにこのキャッチフレーズは、検索エンジン上ではこのように表示されます。

 

wp4

 

 

厳密にいうと、

上記画像の中のYouTubeの部分は、ワードプレスで作っているわけではありませんので

赤枠で囲む必要はないのですが…

 

実はこれら赤枠の部分はメタディスクリプション(meta description)といって、

検索エンジンが認識する共通の部分なのです。

サイトタイトルや、記事タイトルの内容について記載する部分です。

 

今は特に覚えなくていいです。また後日。

 

これらのタイトルのつけ方は、記事タイトルのつけ方にも通じるところがありますので、

覚えておいてくださいね。

 

ワードプレスURL部分は絶対に変更しないこと。

 

はい。

言葉通りです。

ここをいじってしまうと、次にあなたがワードプレスのダッシュボードに入ろうとしても、

ログイン画面すら表示されなくなります。

 

こうなってしまうと、

レンタルサーバーの中に入って、いろいろとデータを操作しないとならなくなります。

くれぐれもご注意を。

 

メールアドレスを入力する。

 

これは特に深く考えなくても大丈夫です。

 

ワードプレスでコメント機能を有効にしていた場合に、

誰かがコメントしてくれたときに通知してきたり、

お問合せプラグインなどで、

お問合せがあった場合に通知する初期状態のアドレスになったりします。

 

 いつでも変更可能です。

 

 一通り入力が済んだら、必ず左下の変更を保存ボタンをお忘れなく。

 

wo5

 

ここを押さないと設定が反映されませんからね。

 

まとめです。

 

お疲れさまでした。

初期設定の一般設定はこれで終わりです。

次回は投稿設定→表示設定へとコマを進めていきますよっ!

 

ではまた。

 

次の記事>>> さあ!初期設定の続きです。